*

FavoriteLoadingお気に入りに追加

長崎県のゲストハウスに宿泊 平戸ゲストオフィス なかま

長崎県のゲストハウスに宿泊 平戸ゲストオフィス なかま 5.00/5 (100.00%) 2 votes

家のような空間と絶景をお楽しみ下さい。大切な車やバイクも安心して停められます。

平戸ゲストオフィス なかま
住所
〒859-5102
長崎県平戸市大久保町1315
連絡先
090-7111-4606(西田)
チェックイン
16:00 (最終チェックイン:21:00)
チェックアウト
10:00
交通アクセス
西肥バス平戸桟橋バスターミナルより,田ノ浦温泉方面へ車で約5分 西肥バス平戸営業所まん前
駐車場
有り 6台 無料 予約不要

お申し込みはこちらをクリック!↓↓

フォトギャラリー

平戸ゲストオフィス なかま

平戸ゲストオフィス なかま

平戸ゲストオフィス なかま

平戸ゲストオフィス なかま

アクセス


Wyświetl większą mapę

この旅館の周辺の人気観光スポット

  1. 松浦史料博物館
  2. 平戸温泉
  3. 平戸の町並み
  4. 平戸港交流広場
  5. カロン庭園
  6. 平戸オランダ商館跡1639年築造倉庫
  7. 幸橋(オランダ橋)
  8. 平戸ザビエル記念教会
  9. 平戸観光交流センター
  10. 平戸城

みんなのクチコミをピックアップ

  • 家族経営とのことでしたが、その人柄は申し分ありませんでした。また設備面も不備な所は見当たらず、ビジネスホテル一辺倒の
  • 私には良い意味で驚きの連続でした。値段も居心地もバッチリで、また利用したいと思います。
  •  アットホームな雰囲気でのんびりゆったり過ごすことが出来ました。夜はお寿司をとって、大人5人、子供2人ダイニングでゆっくりと頂くことが出来ました。

平戸ゲストオフィス なかまの詳細をこちらから見ることができます

長崎県のゲストハウスに宿泊 平戸ゲストオフィス なかま

関連記事

no image

沖縄県の民宿に宿泊 お宿 かびら <石垣島>

お一人様も家族連れ様も大歓迎☆子供のいるアットホームな宿。 お宿 かびら <石垣島>

記事を読む

茜彩庵 山水

半露天風呂付客室の群馬県の旅館 茜彩庵 山水

半露天風呂付客室から眺める美しい湖畔の風景。ゆったりとした個室にて月替わりのお料理を。

記事を読む

no image

大分県の旅館に宿泊 湯布院温泉 御宿 由府両築

大正時代14年に出来た、古民家造りの風情ある宿。湯布院の中心部にあり、金鱗湖まで歩いて10分。

記事を読む

no image

沖縄県の別荘に宿泊 風来荘

長浜ビーチまで徒歩1分。美ら海水族館まで車で10分。女性の一人旅、お子様連れ大歓迎!

記事を読む

no image

京都の旅館に宿泊 京の小宿 KANA町家

市街地はもちろん、嵐山、東山へもらくらくアクセス。四季折々の京都を我が家で過ごすように楽しむ宿。

記事を読む

no image

大分県の旅館に宿泊 由布院 寛ぎの宿 なな川

湯布院民芸村や金鱗湖まで徒歩1分!半露天付きメゾネット客室で寛ぎのひとときを 由布院温

記事を読む

no image

静岡県の旅館に宿泊 ケイズハウス伊東温泉

日本初!国の登録有形文化財で源泉掛流し温泉付のホステル。外国人との国際交流のチャンス有。自炊も可能。

記事を読む

no image

沖縄県の民宿に宿泊 美ら海ビレッジ

美ら海水族館まですぐそこ!お庭でバーベキューなどして家族でだんらんしませんか? 美ら海

記事を読む

no image

山梨県のペンションに宿泊 メリーポピンズ

静かな森のセカンドハウス。焼きたての手作りパン。 ペンション メリーポピンズ 住

記事を読む

no image

北海道のペンションに宿泊 ペンション歩

四季折々の豊かな自然に囲まれた静かな立地でリフレッシュの時間を。 ペンション歩

記事を読む

no image
沖縄県の民宿に宿泊 お宿 かびら <石垣島>

お一人様も家族連れ様も大歓迎☆子供のいるアットホームな宿。

茜彩庵 山水
半露天風呂付客室の群馬県の旅館 茜彩庵 山水

半露天風呂付客室から眺める美しい湖畔の風景。ゆったりとした個室にて月替

no image
大分県の旅館に宿泊 湯布院温泉 御宿 由府両築

大正時代14年に出来た、古民家造りの風情ある宿。湯布院の中心部にあり、

no image
沖縄県の別荘に宿泊 風来荘

長浜ビーチまで徒歩1分。美ら海水族館まで車で10分。女性の一人旅、お子

no image
京都の旅館に宿泊 京の小宿 KANA町家

市街地はもちろん、嵐山、東山へもらくらくアクセス。四季折々の京都を我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑